Home / Tag Archives: 段違い平行棒(UB)

Tag Archives: 段違い平行棒(UB)

【速報】全日本種目別女子決勝 結果

2019年6月23日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の女子決勝が行われた。   跳馬では唯一の14点台をマークした村上茉愛(日体クラブ)が14.116で優勝を果たした。予選と同じユルチェンコ2回ひねり(D5.4)と伸身ツカハラ1回ひねり(D4.8)を実施。腰の痛みが残る中、着地までこらえながらもまとめた。2位には13.583の青木梨奈(JGC/東京学館)、3位は13.499で鈴木音々(ZERO体操クラブ)となった。跳馬での優勝は2013年以来となった村上。ケガにより世界選手権の代表からは漏れたが、悔しさと課題を持って来年の東京オリンピックに向け、新たなスタートを切った。 &n …

Read More »

第35回高校選抜2019 個人総合優勝 山田千遥にインタビュー

山田千遥

Read More »

2018豊田国際 畠田瞳の段違い平行棒

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

2018豊田国際 スピリドノワの段違い平行棒

スピリドノワ

2015年グラスゴー世界選手権の段違い平行棒種目別で、チームメイトのコモワと共に4人同時金メダルに輝いたスピリドノワ(ロシア)。 コモワ(E)〜パク宙返り(D)〜マロニーハーフ(E)の流れが見事だ。特にスロー部分の、高さのあるパク宙返りから、直接バーに両足を置いてのマロニーハーフが淀みなく連続して行われており、素晴らしい。 なお豊田国際では同じロシアの男子体操選手ニキータ・ナゴルニーとの結婚を祝福する、サプライズセレモニーが行われた。 ※権利の都合で演技の一部をカットしています。 Youtubeで新たなコンテンツを配信するため、チャンネル登録者1000人を目標に頑張っています。是非チャンネル登 …

Read More »

豊田国際2018初日、試合後の女子記者会見

Read More »

2017豊田国際 畠田瞳の段違い平行棒

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

全日本種目別女子決勝 結果

寺本 明日香 ミキハウス/レジックSP

  2018年7月1日、群馬県の高崎アリーナで全日本体操種目別選手権決勝がおこなわれた。女子は5月のNHK杯で世界選手権の代表候補選手が決まっているため、真のスペシャリストたちの戦いとなった。       跳馬では坂口彩夏(ジム・ネット体操教室)が高いEスコアで2本ともまとめ優勝した。2位にはならわ体操クラブの文堂日南子、3位には坂谷りんね(戸田市スポーツセンター)と若い選手の台頭が目立つ結果となった。高いDスコアを持ち、前年覇者の宮川紗江(株式会社Rainbow)はケガによる調整不足で2本とも着地に失敗。7位に沈んだ。   段違い平行棒は寺本 …

Read More »

2017豊田国際 ジュリエッタ・ボシュの段違い平行棒

豊田国際2017で種目別3位となったジュリエッタ・ボシュの段違い平行棒。 閉脚シュタルダー1回ひねり(E)〜マロニー(D)〜パク宙返り(D)の連続が質の高い実施となっている。また下りもまとまっている。   Camera、Edit:Yasuhiko “NANONI” Kondo TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 内村起用のロンジン新作時計広告、スーパーファイナルとは

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2018/2/22を聴く Youtubeで聴く(チャンネル登録をお願いします!)     ●ロンジン エレガンスアンバサダー内村 航平さん起用の新作時計“コンクエストV.H.P.”広告ビジュアル発表 ●スーパーファイナルとは ●インスタ始めました 【動画のコーナー】 2017豊田国際 メラニー・デジュススドスサントスの段違い平行棒   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

2017豊田国際 メラニー・デジュススドスサントスの段違い平行棒

豊田国際2017で優勝したメラニー・デジュススドスサントス(フランス)の段違い平行棒。 コモワ(E)、パク宙返り(D)、マロニーハーフ(E)の移動はなれ技で起こりがちな脚の開きが一切ない。また下り技も減点の隙がない伸身ムーンサルト(E)と、他の選手とは一線を画しており見事だ。   Camera、Edit:Yasuhiko “NANONI” Kondo TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »
Translate »