Home / Tag Archives: 沖口誠(Makoto Okiguchi)

Tag Archives: 沖口誠(Makoto Okiguchi)

体操シュツットガルト世界選手権2019への行き方まとめ〜その1

カンシュタッター・フォルクスフェスト

2019年の世界選手権はドイツのシュツットガルト(シュトゥットガルト)で行われる。耳にしたことはあるものの、多くの人にはぱっとイメージが浮かばない地名ではないだろうか。そこで数回に分けて、シュツットガルトとシュツットガルト世界選手権の情報を紹介していこうと思う。     【シュツットガルトと体操】 シュツットガルトは体操の街であり、北京オリンピックの前年である2007年の第40回世界選手権も行われた。当時の男子代表は冨田洋之、桑原俊、中瀬卓也、星陽輔、沖口誠、水鳥寿思の6名で、団体総合で中国に次いで銀メダルを獲得している。ドイツからはファビアン・ハンビュヘンが出場し、団体総 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操個人総合選手権大会2016決勝 結果

白井健三

2016年4月3日、東京は代々木第一体育館で全日本個人総合男女決勝が行われた。   男子は内村航平(コナミスポーツ)が9連覇を果たした。決して好調とは言えず、跳馬のリー・シャオペンでは両手を突くミス。さらに平行棒でマクーツの際にバーに足をぶつけ動きが止まりかける。   しかし最後の鉄棒では全観客が見守る中、着地まで含めて完璧な実施。拍手と歓声の中で試合を締めて見せた。   2位争いは波乱の展開だった。田中佑典(コナミスポーツ)が2種目目のあん馬で早くも落下し、得意の平行棒と鉄棒で共に16点台を出すなど猛追したが届かず6位に終わる。   予選で90点台を出 …

Read More »

日本体操競技・器械運動学会第29回大会レポート

水島宏一

2015年12月20日、日本大学文理学部百周年記念館国際会議場で日本体操競技・器械運動学会第29回大会が行われた。   午前中は都内の小学校教諭、教育委員会指導主事やスポーツ庁教科調査官を迎えて器械運動の指導要領についてのシンポジウムが行われた。 コーディネーターを務めたのはソウルオリンピック団体総合銅メダリストであり現在は東京学芸大学准教授の水島宏一氏だった。   午後は体操競技中心のレクチャーや研究発表が続いた。 遠藤幸一氏により体操競技における「新技開発の役割」が動画でレクチャーされた他、段違い平行棒の前方かかえ込み2回宙返り下りの着地を安定させるための考察が、新竹優 …

Read More »
Translate »