Home / Tag Archives: 河崎真理菜(Marina Kawasaki)

Tag Archives: 河崎真理菜(Marina Kawasaki)

【速報】インカレ1部 種目別決勝

杉野正尭 鹿屋体育大学

2018年8月12日(日)、ベイコム総合体育館(兵庫県尼崎市)にてインカレ1部の種目別決勝が行われた。     インカレの種目別は前日の団体・個人総合を予選とし、男子は各種目の上位8名が、女子は上位12名が決勝進出となる。ただし同一校からの決勝出場は3名までとなっている。     男子ゆかは最後のインカレとなる白井健三(日体大)が14.950で優勝した。2位は府殿大佑(日体大)の14.400、3位に14.350の中川将径(順天堂大)が入った。     あん馬はGコンバインなど高難度の技を演技に凝縮した杉野正尭(鹿屋体育大)が14.90 …

Read More »

【速報】女子体操強化合宿メディア公開

杉原愛子 朝日生命

2018年7月18日(水)、日本全国が猛暑に悲鳴をあげたこの日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)にて女子体操強化合宿のメディア公開が行われた。     今年のドーハ世界選手権、アジア大会では中国メーカーであるタイシャンの器具が使用されることが決まっている。ナショナルトレーニングセンターにも先日、タイシャンの器具が導入されたばかりで、世界選手権代表候補とアジア大会代表選手たちはこの器具に合わせる練習に取り組んだ。           各自がそれぞれの目標に合わせた練習に取り組みながらも、選手同士で声を掛け合う姿や …

Read More »

【速報】全日本種目別男女予選 結果

南 一輝 仙台大学

2018年6月30日(土)、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別選手権の男女予選が行われた。       男子ゆかは南一輝(仙台大学)が前方伸身宙返り3回ひねり(シライ2;F)を始めとした、ひねり技を多く盛り込んだ構成をまとめて14.800で予選トップ通過を果たした。2位は同じ仙台大学出身で相好体操クラブの五島誉博の14.733だった。       全日本個人総合を制した谷川翔(順天堂大)やその兄、谷川航(同)も決勝進出を果たした。     あん馬ではアイヒホルン(E)などダイナミックな開脚旋回で高難度の技を盛り …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 種目別の見どころ。モントリオールをどうするか?

作戦会議ロゴ

  GymnasticsNews Radio Show 2017/6/23を聴く   ●第71回全日本体操競技種目別選手権大会 去年の種目別は? ●緊急会議!モントリオールをどうするか? ●タロケンの初審判はどうだったのか? 次の審判は静岡県ジュニア選手権 【動画のコーナー】 2017高校選抜:松村朱里の段違い平行棒 2017高校選抜:河崎真理菜の平均台   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Tags: 世界選手権(World Gymnastics Championships), 全日本種目別(All Jap …

Read More »

2017高校選抜 河崎真理菜の平均台

さすがリオ五輪代表候補だけあって、0.1の減点すら極力させないまでに完成度の高い演技となっている。技が終わった後の安定感が非常に高く、2回ターンの後以外はふらつきも見せない。上がり技もE難度の後方伸身開脚宙返り上がりで攻めており、攻守の両面で力を見せつけた演技と言える。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda Tags: 平均台(BB), 河崎真理菜(Marina Kawasaki), 高校選抜(All Japann Invitational High school Gymnastics Competition)

Read More »