Home / Tag Archives: 神本雄也(Yuya Kamoto)

Tag Archives: 神本雄也(Yuya Kamoto)

【GymnasticsNews Radio Show】全日本種目別の結果レポート

      音声ファイル版 ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします ●全日本種目別の結果 男子決勝 女子決勝 ●東京オリンピックのチケット結果 ●アジア選手権種目別, 花島ゆかで金 Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】全日本種目別男子決勝 結果

2019年6月23日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の男子決勝が行われた。世界選手権の代表2枠の争いでもあるが、技と技をぶつけあうスペシャリストたちの戦いは、持っているものをすべて出す舞台でもある。個人総合とはまた違った緊張感の中、大会は進んだ。 世界選手権の代表に内定している谷川翔(順天堂大)がコンディション不良のため決勝を棄権。ゆか、あん馬はそれぞれリザーブの橋本大輝(市立船橋高)、長﨑柊人(筑波大)が出場することとなった。     ゆかは予選トップ通過の南一輝(仙台大)がDスコア6.4と難度の高い構成と、安定感のある着地で15.033を出し優勝を果たした。トッ …

Read More »

【速報】全日本種目別予選 結果

2019年6月22日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の予選が行われた。       男子ゆかは美しさと難度を兼ね備えた南一輝(仙台大)が14.800でトップ通過を果たした。白井健三(日体大大学院/鶴見ジュニア)は、伸身リ・ジョンソン(H)を抜いた構成で14.700を出し2位通過となった。       あん馬はこの種目に特化して取り組んでいる今林開人(セントラル)が14.700でトップ通過を果たした。2位は橋本大輝(市立船橋高)の14.500だった。亀山耕平(徳洲会)は予選通過を狙って難度を落としたD6.2の構成で14.366と …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】波乱の全日本個人総合!その結果

    ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   【速報】内村予選落ちの大波乱〜全日本個人総合男子予選 結果   【速報】全日本個人総合女子予選 結果   【速報】全日本種目別男子トライアウト 結果   【速報】男子は谷川翔の2連覇、女子は寺本 〜 全日本個人総合決勝 結果     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

2019/2/13 男子体操日中合同合宿のダイジェスト

2019/2/13 味の素ナショナルトレーニングセンターでメディア公開された、男子体操の日中合同合宿のダイジェスト

Read More »

新世代のスター誕生 スーパーファイナル 結果

3連休の初日となる11月23日(金)、高崎アリーナ(群馬県)にて、来年のワールドカップ出場者を決める初めての大会、スーパーファイナルが行われた。     スーパーファイナルは、2019年から2020年のワールドカップの成績を元に、東京五輪への個人出場枠が獲得できるようになったことから設けられた、新しい大会である。 内村航平(リンガーハット)と田中佑典(コナミスポーツ)を除いたNHK杯12位までの選手と、男子強化本部長推薦選手を合わせた12名で争われた。推薦選手にはインターハイ優勝者の三輪哲平(清風高校3年)と、ユースオリンピック個人総合金メダリストで全日本ジュニア王者でもあ …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 【速報版】全日本種目別決勝レポート

第72回全日本体操競技種目別選手権 代表選手発表

GymnasticsNews Radio Show 2018/7/2(音声ファイル版)を聴く 「GymnasticsNews Radio Show 【速報版】全日本種目別決勝レポート」(Youtube版)を聴く(チャンネル登録をお願いします!)   ※収録時点でアジア競技大会男子代表の訂正が発表されていないため、加藤凌平選手を代表としてお伝えしていますが、その後、長谷川智将選手に訂正されました。 詳細は以下のページをご覧ください。 日本体操協会:代表選考計算システム処理ミスによる代表選手変更について   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta …

Read More »

【速報】全日本種目別男女予選 結果

南 一輝 仙台大学

2018年6月30日(土)、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別選手権の男女予選が行われた。       男子ゆかは南一輝(仙台大学)が前方伸身宙返り3回ひねり(シライ2;F)を始めとした、ひねり技を多く盛り込んだ構成をまとめて14.800で予選トップ通過を果たした。2位は同じ仙台大学出身で相好体操クラブの五島誉博の14.733だった。       全日本個人総合を制した谷川翔(順天堂大)やその兄、谷川航(同)も決勝進出を果たした。     あん馬ではアイヒホルン(E)などダイナミックな開脚旋回で高難度の技を盛り …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 全日本種目別の見どころ、タロケンがラジオ出演

    GymnasticsNews Radio Show 2018/6/14(音声ファイル版)を聴く 「GymnasticsNews Radio Show 全日本種目別の演技順、タロケンのラジオ出演のお知らせ」(Youtube版)を聴く(チャンネル登録をお願いします!)   ●全日本種目別の演技順が決定 https://www.jpn-gym.or.jp/artistic/event/30266/ ●タロケンラジオ出演のお知らせ http://www.at-s.com/sbsradio/program/wasabi/   Talk : Masaru “ …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権男子決勝 結果

6月25日(日)、昨日に引き続き高崎アリーナ(群馬県高崎市)にて全日本種目別選手権の男子決勝が行われた。         男子ゆかは白井健三(日体大)の5連覇となった。シライ3(伸身リ・ジョンソン;H)を入れたD7.2の構成で15.550を出した。2位はほとんどの着地を止めた谷川航(順天堂大)で15.000だった。       あん馬は波乱の展開だった。上位が予想された後半の演技者4名のうち前野風哉(鹿屋体育大)、萱和磨(順天堂大)、千葉健太(同)の3名が全員落下。結果的に予選8位通過だった杉野正尭(鹿屋体育大)が14.75 …

Read More »
Translate »