Home / Tag Archives: 萱和磨(Kazuma Kaya)

Tag Archives: 萱和磨(Kazuma Kaya)

【GymnasticsNews Radio Show】世界選手権代表の練習公開レポート、ワールドカップ東京五輪出場枠

  音声ファイル版 ★気に入っていただけましたらチャンネル登録、高評価をお願いします! ●世界選手権代表の練習公開レポート 男子 女子 ●ワールドカップ東京五輪出場枠について 2019年度第3回常務理事会ニュース ●世界選手権のクラウドファンディング支援者募集中   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】男子世界選手権代表選手 練習メディア公開

2019年7月17日(水)、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)にて、世界選手権日本代表の練習風景がメディアに公開された。     「今年の世界選手権は、来年の東京に向かうための戦いになる。来年を見越して、今年から難度を上げていく必要がある」 水鳥強化本部長は練習後の取材でそう語った。その意志は選手たちにも共有されており、今回の練習でも難度を強化しようとする取り組みが目立った。     全日本個人総合、NHK杯で優勝し日本のトップに立った谷川翔(順天堂大)は、決してコンディションは良くないものの、あん馬で難度の高い構成に取り組んだ。先日のユニバ …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】ユニバーシアード結果、世界選手権のクラウドファンディング開始

畠田瞳の跳馬

  音声ファイル版 ★気に入っていただけましたらチャンネル登録、高評価をお願いします!   ●第30回ユニバーシアード 第30回ユニバーシアード(体操競技) ●世界選手権のクラウドファンディング開始しました ●今後の取材 日本代表練習メディア公開 インターハイ   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】全日本種目別男子決勝 結果

2019年6月23日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の男子決勝が行われた。世界選手権の代表2枠の争いでもあるが、技と技をぶつけあうスペシャリストたちの戦いは、持っているものをすべて出す舞台でもある。個人総合とはまた違った緊張感の中、大会は進んだ。 世界選手権の代表に内定している谷川翔(順天堂大)がコンディション不良のため決勝を棄権。ゆか、あん馬はそれぞれリザーブの橋本大輝(市立船橋高)、長﨑柊人(筑波大)が出場することとなった。     ゆかは予選トップ通過の南一輝(仙台大)がDスコア6.4と難度の高い構成と、安定感のある着地で15.033を出し優勝を果たした。トッ …

Read More »

【速報】全日本種目別予選 結果

2019年6月22日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の予選が行われた。       男子ゆかは美しさと難度を兼ね備えた南一輝(仙台大)が14.800でトップ通過を果たした。白井健三(日体大大学院/鶴見ジュニア)は、伸身リ・ジョンソン(H)を抜いた構成で14.700を出し2位通過となった。       あん馬はこの種目に特化して取り組んでいる今林開人(セントラル)が14.700でトップ通過を果たした。2位は橋本大輝(市立船橋高)の14.500だった。亀山耕平(徳洲会)は予選通過を狙って難度を落としたD6.2の構成で14.366と …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】またも波乱!NHK杯取材レポート

    ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   NHK女子レポート NHK杯男子レポート    Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】次代を担う若手の台頭~NHK杯男子 結果

2019年5月19日(日)、武蔵野の森総合スポーツプラザにて男子NHK杯が行われた。   今大会は10月にドイツ・シュツットガルトで行われる世界選手権の出場枠がかかっている。4月に行われた全日本個人総合選手権での得点と今大会の得点を合計した上位3名が代表枠に内定するため、全日本個人総合上位6名による争いになることが予想された。内村航平(リンガーハット)がまさかの予選落ちでNHK杯には出場しておらず、世界選手権常連の白井健三(日体大大学院/鶴見ジュニア)が30位スタート。それにより“次代を担う若手”たちの争いに注目が集まった。   点差が大きく動いたのは2種目目のあん馬だった …

Read More »

豊田国際2018 萱和磨の平行棒

★Youtubeでチャンネル登録者1000人を目指しています。是非Youtubeのチャンネル登録をお願いします!   棒下宙返り倒立(D)で足先が流れてしまって、片手1歩動いてしまっているが、全般的にそつがなく減点箇所が少ない演技だ。 ※権利の都合で演技の一部をカットしています。   Camera、Edit:Yasuhiko “Nanoni” Kondo TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda  

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】波乱の全日本個人総合!その結果

    ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   【速報】内村予選落ちの大波乱〜全日本個人総合男子予選 結果   【速報】全日本個人総合女子予選 結果   【速報】全日本種目別男子トライアウト 結果   【速報】男子は谷川翔の2連覇、女子は寺本 〜 全日本個人総合決勝 結果     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】男子は谷川翔の2連覇、女子は寺本 〜 全日本個人総合決勝 結果

谷川翔

10連休2日目の4月28日(日)、高崎アリーナにて全日本個人総合の決勝が行われた。   男子は昨年の優勝者、谷川翔(順天堂大)が連覇を果たした。予選をトップで通過していた谷川翔は1種目目のゆかこそ、最後の後方伸身宙返り3回ひねり(D)で1歩大きく踏み出したものの、2種目目の得意のあん馬で14.800の高得点を出すとこれが決め手となった。     その後の3種目をノーミスで乗り切ると、最後の鉄棒では、先に演技を終えた2位の萱和磨(セントラル)とは約12点台半ばの点差。はなれ技を1つに抑えた手堅い構成で、鉄棒をノーミスで乗り切り優勝を決めた。2位の萱とは得点差は0.9 …

Read More »
Translate »