Home / Tag Archives: 谷川航(Wataru Tanigawa)

Tag Archives: 谷川航(Wataru Tanigawa)

【GymnasticsNews Radio Show】またも波乱!NHK杯取材レポート

    ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   NHK女子レポート NHK杯男子レポート    Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】次代を担う若手の台頭~NHK杯男子 結果

2019年5月19日(日)、武蔵野の森総合スポーツプラザにて男子NHK杯が行われた。   今大会は10月にドイツ・シュツットガルトで行われる世界選手権の出場枠がかかっている。4月に行われた全日本個人総合選手権での得点と今大会の得点を合計した上位3名が代表枠に内定するため、全日本個人総合上位6名による争いになることが予想された。内村航平(リンガーハット)がまさかの予選落ちでNHK杯には出場しておらず、世界選手権常連の白井健三(日体大大学院/鶴見ジュニア)が30位スタート。それにより“次代を担う若手”たちの争いに注目が集まった。   点差が大きく動いたのは2種目目のあん馬だった …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】波乱の全日本個人総合!その結果

    ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   【速報】内村予選落ちの大波乱〜全日本個人総合男子予選 結果   【速報】全日本個人総合女子予選 結果   【速報】全日本種目別男子トライアウト 結果   【速報】男子は谷川翔の2連覇、女子は寺本 〜 全日本個人総合決勝 結果     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】男子は谷川翔の2連覇、女子は寺本 〜 全日本個人総合決勝 結果

谷川翔

10連休2日目の4月28日(日)、高崎アリーナにて全日本個人総合の決勝が行われた。   男子は昨年の優勝者、谷川翔(順天堂大)が連覇を果たした。予選をトップで通過していた谷川翔は1種目目のゆかこそ、最後の後方伸身宙返り3回ひねり(D)で1歩大きく踏み出したものの、2種目目の得意のあん馬で14.800の高得点を出すとこれが決め手となった。     その後の3種目をノーミスで乗り切ると、最後の鉄棒では、先に演技を終えた2位の萱和磨(セントラル)とは約12点台半ばの点差。はなれ技を1つに抑えた手堅い構成で、鉄棒をノーミスで乗り切り優勝を決めた。2位の萱とは得点差は0.9 …

Read More »

【速報】内村予選落ちの大波乱〜全日本個人総合男子予選 結果

4月26日(金)、小雨が降り冷え込んだ高崎アリーナ(群馬県)で、全日本個人総合の予選が行われた。     男子は試合開始前から波乱含みの展開だった。試合前の記者会見で絶対王者、内村航平(リンガーハット)は両肩に痛みを抱えていることを明かし、満身創痍の状態。練習も十分にこなせていない状態でこの日を迎えた。 10月にドイツのシュツットガルトで行われる世界選手権。個人総合の成績でこの世界大会の代表入りを果たすには、この日の全日本個人総合予選で30位以内に入り決勝戦への出場権を手にするとともに、同時に出場権が与えられる5月のNHK杯でも好成績を収める必要がある。 全日本個人総合の予 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show W杯結果レポート、W杯種目別代表枠争い訂正、まもなく全日本個人総合

  ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   ●W杯東京大会   ●W杯種目別訂正   ●第73回全日本体操競技個人総合選手権大会   ●朝日生命体操クラブから“移籍”し陽のオーラ全開「ニュー杉原愛子を見て!」     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】ワールドカップ東京大会2019 結果

2019年4月7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)にてワールドカップ個人総合東京大会が行われた。     女子はモーガン・ハード(アメリカ)、エリザベス・ブラック(カナダ)を初め、中国、ドイツ、ロシア、ブラジル等の選手が集結した。日本からは寺本明日香(ミキハウス)と、昨年末に朝日生命を退部し、武庫川女子大体操部所属となった杉原愛子(武庫川女子大短大)が出場した。     跳馬では寺本が質の高いチュソビチナ (前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D5.8)を決めて14.600でいきなりトップに立った。前転とび前方伸身宙返り1回ひねり(D5.4 …

Read More »

豊田国際2018 2日目、試合後の男子記者会見

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 豊田国際レポート

    GymnasticsNews Radio Show 2018/12/12(音声ファイル版)を聴く   ●豊田国際レポート ●ドーハ世界選手権報告会チケットまもなく発売 ●2018年度体操競技男子ルールクリニック 開催のご案内   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】豊田国際2日目

豊田国際

2018年12月9日(日)、厳しい寒さにも関わらず3200人の観客を集めたスカイホール豊田(愛知県)で、豊田国際の2日目が開催された。     この日は男子の跳馬、平行棒、鉄棒と女子の平均台、ゆかが種目別にて争われた。 男子跳馬は有力選手が次々と大過失を出す、波乱の展開だった。タロック(イギリス)がローチェ(前転とび前方かかえ込み2回宙返り;D5.2)で両手をつくと、2本目のルー・ユーフ(屈伸ツカハラ2回宙返り;D5.6)では助走の足が合わず、屈伸ツカハラになり後ろに転倒してしまう。     谷川航(順天堂大)もブラニク(前転とび前方屈伸2回宙返り;D5 …

Read More »
Translate »