Home / Tag Archives: 鉄棒(HB) (page 3)

Tag Archives: 鉄棒(HB)

加藤凌平の鉄棒

2016 AT&T アメリカンカップの加藤凌平の鉄棒の演技。 おそらく2016年度の加藤凌平の鉄棒としては最高難度の構成になるのではないかと思われるDスコア6.9の構成。 G難度のカッシーナを入れたことで2015年度よりも得点力が大幅にアップした。 Tags: 加藤凌平(Ryohei Kato), 鉄棒(HB)

Read More »

選手とコーチの絆

植松鉱治

コナミスポーツ体操クラブでヘッドコーチを務める森泉貴博コーチはいう。 「身長もあって、体重もある選手というのは長く続けるのが難しいんです。肩とか腰をケガしやすかったり、痛める場所が多かったりしてしまうので。ものすごく力があるかちょっと小柄で体重が軽い選手は長持ちするんですけどね。日本の体操界の中では身長もあって体重もそこそこある選手なので・・・」 植松鉱治が引退した理由は年齢だけではなく、そういったこともあるのかもしれない、と分析した。 植松自身も「すごくお世話になった方」と語る森泉コーチ。「技術的な面でこういうふうに体操ってやればいいんやっていうのを教えてもらった」という。 “同期”でもある …

Read More »

受け継がれてゆく想い

2015年11月29日(日)、第69回全日本団体選手権大会。 体操の聖地、代々木体育館。 体操人生最後の演技に挑もうとしている植松鉱治がいた。 ふっとひとつ息を吐き、バーを見上げる。 得意種目である鉄棒に手を伸ばし、演技をスタートさせた。 徐々に旋回のスピードを上げ、高く飛んだ――。 いつもと変わらない、優雅で力強く大きな演技。 見る者を惹きつけて離さない。 離れ技を成功させるたびに大きくなる拍手と歓声。 あっという間だった。 23年間の体操人生を終える最後の演技は、まるで一瞬だった。 最後は伸身ルドルフ。 4年前、植松の体操人生に大きな影響を与えるケガの引き金となった技だった。 着地を終え、 …

Read More »

植松鉱治 放物線の軌跡

植松鉱治

植松鉱治がコバチをできるようになったのは中学3年の時。 コールマンを覚えたのが高校2年の時だった。 誰も試合でやったことがないことをやりたかった。 「できたらかっこええやん」 そんな思いから取り組み始めたコバチ〜コールマンの連続。見ている人に楽しんでもらいたい、その気持ちがチャレンジへの原動力となった。   初めて試合で使ったのは2005年、大学1年の全日本種目別選手権。先生には「試合前の練習で持てなかったらやるな」と言われて必死でつかんだ。 試合でも成功はしたものの、前年のアテネオリンピック団体金の立役者、冨田に僅差で敗れた。 社会人となり5年目、2013年の全日本種目別決勝でもコ …

Read More »

植松鉱治、引退を決断

11月28、29日に代々木第一体育館で開催される全日本団体選手権を最後に、KONAMIの植松鉱治が現役を引退することを明かした。 「引退は去年から決めていた。世界選手権に出場できなかったらやめよう、と」 自らを追い込むためだった。 もう一度勝負するために。 そしてあと一歩のところで出場権を逃し、決意は固まった。     大阪で生まれた植松は小学校1年生で体操と出合い、体操の名門・清風高校、仙台大学を経てKONAMIへと進み、当時まだ徳洲会体操クラブが社会人のトップに君臨する中、KONAMIをトップチームへと押し上げた。 得意種目である鉄棒は世界トップレベル。 今年9月に行わ …

Read More »

未知の領域への挑戦

誰もやったことがないことをやりたい――。これが植松鉱治の原動力だった。 9月20日に行われた全日本シニア体操競技選手権大会で、日本人初となる鉄棒の4回連続離れ技を成功させた。「最初の歓声と4回目(の離れ技)を成功させたときの歓声は聞こえたかな。めっちゃ気持ちよかった!」 4回の離れ技、屈伸コバチ、かかえ込みコバチ、コールマン、かかえ込みゲイロード2。この練習を始めたのは7月末だ。緊張感をコントロールするのが苦手だったと話す植松は、試合で自分の力を最大限に発揮できていなかった。そこでスポーツ心理の専門家とともに、“スポーツ心理の勉強をしながら、誰もやったことがないことに挑戦する”というハイレベル …

Read More »

男子初のH難度認定 ブレットシュナイダー

ブレットシュナイダー

「ブレットシュナイダー」の名前がついたコバチ2回ひねり。 男子では初めてH難度に認定された。 コバチからひねる技では、これまではシャハム(コバチ1回半ひねり片逆手懸垂;G)が最高だった。   Tags: ブレットシュナイダー(Bretschneider), 鉄棒(HB)

Read More »

田中佑典選手の鉄棒(2014世界選手権個人総合決勝)

田中佑典の鉄棒(世界選手権)

2014年、世界選手権南寧大会の個人総合決勝での演技。この演技によっては個人総合のメダルに手が届くかもしれない、という場面での最終種目鉄棒。 演技前の表情には緊張と自信、演技に臨む覚悟のようなものが見える。 Tags: 2014, 世界選手権(World Gymnastics Championships), 田中佑典(Yusuke Tanaka), 鉄棒(HB)

Read More »

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 男子決勝の見所

2014全日本種目別ー植松鉱治

7月5日(土)に行われた全日本種目別予選の結果により、翌日の決勝に出場する選手が決定した。 その見所とは・・・ 6月に行われたNHK杯で植松鉱治(KONAMI)は鉄棒の新しい演技構成を披露した。屈伸コバチ(E)〜かかえ込みコバチ(D)〜コールマン(F)の離れ技3連続を入れた思い切った構成だ。車輪からとび1回半ひねりをするリバルコ(D)で惜しくも落下してしまったが、それでも得点は15.100。 体操では「落下すると1点減点」とよく言われるが、実は減点はそれに留まらない。落下の原因となる技術的なミスに対しても別個に0.1以上減点されるため、実際には最低でも1.1減点されているのだ。逆算すると、植松 …

Read More »

他を寄せ付けぬ勝利 内村航平

内村を見つめる加藤

一分の隙もない見事な勝利だった。 今シーズンに向けて難度を上げた構成で試合に臨んだ王者、内村航平(KONAMI)は、ゆかの15.600を皮切りに次々と各種目の最高得点をマーク。 やや疲れが見えた平行棒こそシュー・シーフォン(中国)、加藤凌平(順天堂大学)の後塵を拝したものの、最終種目の鉄棒では、直前に落下した加藤を尻目にF難度の大技フェドルチェンコで着地をピタリと止め、観衆を唸らせると共に、追いかけるハンビュヘン(ドイツ)を苦笑いさせた。 早々と世界選手権への切符を手に入れた内村だが、「会見で言われるまで忘れていた」とそれを気にかける素振りも見せず、「今後の大会では様子を見ながらさらに難度を上 …

Read More »