Home / Tag Archives: 長谷川智将(Tomomasa Hasegawa)

Tag Archives: 長谷川智将(Tomomasa Hasegawa)

【GymnasticsNews Radio Show】世界選手権代表の練習公開レポート、ワールドカップ東京五輪出場枠

  音声ファイル版 ★気に入っていただけましたらチャンネル登録、高評価をお願いします! ●世界選手権代表の練習公開レポート 男子 女子 ●ワールドカップ東京五輪出場枠について 2019年度第3回常務理事会ニュース ●世界選手権のクラウドファンディング支援者募集中   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】全日本種目別男子決勝 結果

2019年6月23日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の男子決勝が行われた。世界選手権の代表2枠の争いでもあるが、技と技をぶつけあうスペシャリストたちの戦いは、持っているものをすべて出す舞台でもある。個人総合とはまた違った緊張感の中、大会は進んだ。 世界選手権の代表に内定している谷川翔(順天堂大)がコンディション不良のため決勝を棄権。ゆか、あん馬はそれぞれリザーブの橋本大輝(市立船橋高)、長﨑柊人(筑波大)が出場することとなった。     ゆかは予選トップ通過の南一輝(仙台大)がDスコア6.4と難度の高い構成と、安定感のある着地で15.033を出し優勝を果たした。トッ …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】またも波乱!NHK杯取材レポート

    ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   NHK女子レポート NHK杯男子レポート    Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 報告会のお礼、田中光氏が女子監督に、ルールクリニック締め切り間近

  音声ファイル版   ●ドーハ世界選手権報告会ありがとうございました ●体操の塚原女子強化本部長が退任意向 ●体操女子強化本部長に田中光氏「覚悟を決めて頑張りたい」 ●「何かを変える」体操男子がライバル中国へ出稽古 ●2018年度第8回常務理事会ニュース ●一種審判試験はどうだったのか ●多言語対応しました ●2018年度体操競技女子ルールクリニック 開催のご案内 ●2018年度体操競技男子ルールクリニック 開催のご案内   【動画のコーナー】 2018豊田国際 長谷川智将のあん馬   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Soh …

Read More »

2018豊田国際 長谷川智将のあん馬

ダイナミックな開脚旋回でのひねり技連続から始まり、難度の高い技を高い質でこなしていく。最後までその質を保ったまま下り技まで持ち込むのは見事だ。2018年ドーハ世界選手権の種目別あん馬優勝得点15.166(シャオ・ルーテン)を超えており、世界でメダルを取れるあん馬となっている。 スローは最初のアイヒホルン(E)〜横向き旋回1回ひねり(D)   ※権利の都合で演技の一部をカットしています。   Camera、Edit:Yasuhiko “Nanoni” Kondo TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

豊田国際2018初日、試合後の男子記者会見

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 豊田国際レポート

    GymnasticsNews Radio Show 2018/12/12(音声ファイル版)を聴く   ●豊田国際レポート ●ドーハ世界選手権報告会チケットまもなく発売 ●2018年度体操競技男子ルールクリニック 開催のご案内   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】豊田国際2日目

豊田国際

2018年12月9日(日)、厳しい寒さにも関わらず3200人の観客を集めたスカイホール豊田(愛知県)で、豊田国際の2日目が開催された。     この日は男子の跳馬、平行棒、鉄棒と女子の平均台、ゆかが種目別にて争われた。 男子跳馬は有力選手が次々と大過失を出す、波乱の展開だった。タロック(イギリス)がローチェ(前転とび前方かかえ込み2回宙返り;D5.2)で両手をつくと、2本目のルー・ユーフ(屈伸ツカハラ2回宙返り;D5.6)では助走の足が合わず、屈伸ツカハラになり後ろに転倒してしまう。     谷川航(順天堂大)もブラニク(前転とび前方屈伸2回宙返り;D5 …

Read More »

【速報】豊田国際1日目

長谷川智将

2018年12月8日(土)、スカイホール豊田(愛知県)に2500人の観客を集めて、豊田国際体操競技大会(以下、豊田国際)が開催された。     豊田国際は毎年、この時期に同会場で行われ、世界各国から招待された選手が2日間に亘って種目別選手権を争う。 初日は男子のゆか、あん馬、つり輪と女子の跳馬、段違い平行棒が行われた。     男子ゆかはオープン参加の2名を含めた16人が演技し、唯一の15点台である15.300で白井健三(日体大)が優勝した。白井は伸身リ・ジョンソン(後方伸身2回宙返り3回ひねり=シライ3;H)を皮切りに、前方宙返り3回ひねり(シライ2; …

Read More »

【速報】男子世界選手権代表 公開試技会

白井健三 日本体育大学

2018年10月2日、世界選手権の日本チーム予選開始時間と同じ朝9時より、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)にて男子代表の試技会が行われた。     まず目に飛び込んだのは、取材陣に配られた配布資料に記載された、内村航平(リンガーハット)が右足首を負傷したという情報だった。9月25日の練習中に、跳馬のヨー2の着地で負傷したもので、昨年の世界選手権で痛めた部分とは反対側の靱帯を損傷した。ただ昨年の負傷と比べて程度は軽く、すぐに歩けるようになったという。     通常であれば特に治療を施さなくとも2週間程度で治るが、早く完治させるために、外部から …

Read More »
Translate »