Home / Tag Archives: 齊藤優佑(Yusuke Saito)

Tag Archives: 齊藤優佑(Yusuke Saito)

歓声と重圧の中で貫いた“ 齊藤優佑らしさ”

齊藤優佑選手 徳洲会体操クラブ

  「なんだかんだやっぱ、ラブなんだなと(笑)」。   体操競技の多くの時間は苦しみだろう。 ケガはつきもので、痛い箇所がない状態で試合に臨む選手のほうが少ない。マメだらけの手、落ちたときはもちろん、着地の際の衝撃、一朝一夕ではとうてい取得することのない技。その苦しみを並べれば切りがない。 それでも、体操の話をするときの無邪気な笑顔を見ると、やはり好きなんだなと思い知らされる。 齊藤優佑の体操への思いは、愛だ。 1月に挙式を挙げたばかりの新婚の齊藤が、まるで長く連れ添った妻の話でもするかのように、体操への思いを語った。   「辛いことは辛いんですけど、なんだかんだ …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 内村の調子は?全日本シニア/マスターズレポート

内村、寺本シニア優勝

  GymnasticsNews Radio Show 2018/9/27(音声ファイル版)を聴く ●2018全日本シニア・マスターズ結果 全日本シニア マスターズ女子 マスターズ男子1日目 マスターズ男子2日目 ●男子試技会に取材に行きます ●新しいGNサポーターを公開中 旧GNサポーターのリターンが9月末で終了 Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Tags: ヴァンダーポスト・リダヴァイネキ(Van der Post Liedewieneke), 亀山耕平(Kohei Kameyama), 全日本マスターズ体操選手権(All …

Read More »

【速報】全日本シニア2018

2018年9月15日(土)、北九州市立総合体育館(福岡県)にて4年ぶりに全日本シニア選手権が行われた。     男子団体総合はコナミスポーツが僅差で逃げ切り優勝した。2位のセントラルスポーツとの差は0.2だった。3位には徳洲会が入った。     男子個人総合は、世界選手権に向けて調子を上げてきた内村航平(リンガーハット)が3年ぶりの優勝を果たした。「自然と試合モードに切り替わるようになった。何も考えずに演技に入れるところまで戻ってきた」と話す内村は、初の個人出場であん馬スタート。同じ班の選手に落下が続く中、トンフィー(D)を入れた構成で無難にまとめ好スタ …

Read More »

間も無く引退、齊藤優佑にインタビュー(国体 2018 関東ブロック予選)

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ

Tags: 引退(Retirement), 鉄棒(HB), 齊藤優佑(Yusuke Saito)

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 齊藤優佑選手を追いかけて茨城へ、パワハラ問題補足

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県

  GymnasticsNews Radio Show 2018/9/6(音声ファイル版)を聴く   ●国体関東ブロック予選結果 ●アジア大会 ●全日本シニア・マスターズ取材 ●体操女子パワハラ問題の補足 内村航平、村上茉愛ら育てた小林隆氏が死去 51歳 ●世界選手権のクラウドファンディングお礼 ●新しいGNサポーターを公開中 旧GNサポーターは8月末をもって閉鎖 ●平成30年度体操競技男子1種公認審判員認定講習会 兼 体操競技男子1種審判員カテゴリー認定試験 【動画のコーナー】 亀山耕平が大幅に構成を変更。Gコンバインも。   Talk : Masaru “TA …

Read More »

【速報】国体2018関東ブロック予選

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県

2018年8月25日(土)、日立市池の川さくらアリーナ(茨城県)にて、国体の関東ブロック予選が行われた。     この国体関東ブロック予選には東京都、埼玉県、茨城県、千葉県、群馬県、栃木県、神奈川県、山梨県の代表が出場し、少年男女と成年男女で争われる。成年男子は上位2チーム、成年女子は上位1チーム、少年男子と少年女子はそれぞれ上位6チームが予選通過となる。 団体総合のみが争われ、5-5-4制で行われる。 また成年男女はこれと兼ねて関東体操競技成年選手権大会が実施され、団体総合、個人総合、種目別が争われる。     午後から行われた成年男子には、今大会を含 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show【訂正版】世界選手権の男子出場人数訂正と改めて予想

  GymnasticsNews Radio Show 2018/7/31(音声ファイル版)を聴く   ●前回の配信で世界選手権の男子選手の出場人数が間違っていました。4-3-3としていましたが、正しくは予選:5-4-3、決勝:5-3-3でした。失礼しました。 訂正させていただくとともに、改めてこの出場人数の場合の出場選手予想について話しています。 2018 FIG Artistic Gymnastics Championship   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Tags: 世界選手権(World Gy …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権男子決勝 結果

6月25日(日)、昨日に引き続き高崎アリーナ(群馬県高崎市)にて全日本種目別選手権の男子決勝が行われた。         男子ゆかは白井健三(日体大)の5連覇となった。シライ3(伸身リ・ジョンソン;H)を入れたD7.2の構成で15.550を出した。2位はほとんどの着地を止めた谷川航(順天堂大)で15.000だった。       あん馬は波乱の展開だった。上位が予想された後半の演技者4名のうち前野風哉(鹿屋体育大)、萱和磨(順天堂大)、千葉健太(同)の3名が全員落下。結果的に予選8位通過だった杉野正尭(鹿屋体育大)が14.75 …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権男子予選 結果

大久保圭太郎

2017年6月24日(土)、群馬県高崎市に今春オープンした高崎アリーナにて第71回全日本種目別選手権の男子予選が行われた。       男子ゆかでは白井健三(日体大)が唯一の15点台でトップ通過した他、自身の名前が付いた技を持つ五島誉博(仙台大学)が3位通過、順天堂大学1年生の中川将径が6位通過となった。       あん馬は千葉健太(順天堂大)が14.750でトップ通過、2位には同じく順天堂大の萱和磨が続いた。内村航平(リンガーハット)は新しい構成をまとめ4位で予選通過となった。         …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show オーストラリア国際スペシャル!ダイジェスト動画で白井の新技解説も

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/3/4を聴く W杯オーストラリア国際結果 オーストラリア国際予選1日目ダイジェスト オーストラリア国際予選2日目ダイジェスト オーストラリア国際決勝1日目ダイジェスト オーストラリア国際決勝2日目ダイジェスト   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Tags: ワールドカップ(World Cup), 山室光史(Koji Yamamuro), 白井健三(Kenzo Shirai), 谷川航(Wataru Tanigawa), 齊藤優佑(Yusuke Saito)

Read More »